本文へスキップ

ナビゲーション

↑↑クリックすると園の概要に移ります。

48年のキャリアをベースに
平成30年4月 開園予定

 48年間、寒川町の皆さん、特に大曲地区の地元の皆さんの支援をいただきながら運営してきました「ふじ幼児園」が平成30年4月に新しく「認可こども園 湘南こども園」として開園する予定です。

ふじ幼児園の理念と方針を継承

 ふじ幼児園の理念と方針を引き継ぎます。
  ・モットー  園児はわが子
  ・スローガン 「入ってよかった」と言われる園にする
  ・運営方針  保護者に必要以上の時間的・金銭的な負担をかけない
  ・指導方針  正しいしつけ・自立・体力づくり

時代に合った教育を実践

 次の点にも注力し、日本一のこども園を目標に幼児教育に取り組みます。

  ・国際感覚の育成
外国語の学習と外国人との交流を通して、多くの国についての言語・風習・マナーなどをやさしく説明し、外国を広く知り身近に感じさせる国際感覚を育成します。
  ・理科への関心を引く教育
実験や工作を通じて理科に関心を持ち、将来、高度の科学・技術をになうのに必要な知識の芽を習得する教育をします。
  ・日本の伝統・文化に尊重
お茶、習字、そろばん、かるたなどを通して日本の伝統と文化に親しみ、尊重する感覚を育成します。

職員と園児を募集しています

職員募集 園児募集
上のボタンをクリックしてください。

参考:認定こども園とは

2006年に法制化された認定こども園は、既にあった幼稚園、保育所に次ぐあらたな幼児教育の施設を目指したものです。政府は認定こども園を増やす施策を進めています。
幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省が所管の官庁です。認定こども園の所管は内閣府です。
保護者が就労しているか否かに関係なく利用でき、幼稚園と保育所の特長を合わせ持たせる狙いがあります。

内閣府の「認定こども園」のページには、認定こども園について、つぎの記載があります。


認定こども園は、就学前の教育・保育ニーズに対応する新たな選択肢です。
保護者が働いている・いないにかかわらず利用可能。 集団活動・異年齢交流に大切な子ども集団を保ち、すこやかな育ちを支援。
待機児童を解消するため、既存の幼稚園などを活用。


さらに、内閣府の「認定こども園概要」のページの先頭で次の記事が掲載されています。


 教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っている施設です。都道府県等から認定を受けた施設は以下の機能を備えています。
(1)就学前のこどもに幼児教育・保育を提供する機能
  (保護者が働いている、いないにかかわらず受け入れて、教育・保育を一体的に行う機能)
(2)地域における子育て支援を行う機能
  (すべての子育て家庭を対象に、子育て不安に対応した相談活動や、親子の集いの場の提供などを行う機能)